レガシィB4は、発売された1989年当初から、セダンとワゴンがあり、その当時からラリーに参戦していました。

非常にスポーツタイプのイメージが強い車で、その後、レガシィB4は、2代目へとモデルチェンジします。

レガシィB4のセダンはワゴンよりも遅れて登場したのですが、マイナーチェンジしていく中、燃費が向上していきました。

SI-DRIVEを搭載していて、レガシィB4はECOゲージを採用しているので、中古の買取査定相場も安定した伸びを示しています。

新型のレガシィB4は特に人気で、安定した操縦と乗り心地、そして静寂性もあるので、見積もり価格も高く、良い買取査定価格が期待できます。

搭載エンジンは、レガシィB4の場合、水平対向の4気筒と6気筒で、素晴らしい走りを実現します。

買取や査定をする上でも、レガシィB4は人気で、安定した買取相場となっています。


レガシィB4は、中古車買取や中古車査定においては、ボディのメンテナンスさえしっかりしていれば、それなりに良い査定価格が期待できます。

発売当初から3代目となったレガシィB4は、セダンタイプとなり、それまでのツーリングワゴンから形を変えました。

(続きは明日♪)
 
| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »