ベンツCクラスは、ベンツから初めて生んだ比較的安い価格帯の量販モデ車で、中古車市場においても高く評価されています。

安定した相場価格を実現しているのがベンツCクラスで、1993年に190Eとして登場しました。

これまで手が届かなかったファミリー層が乗れる車として、ベンツCクラスは、大きな人気となりました。

負担が少なくメルセデスに乗れるということで、ベンツCクラスは、瞬く間に大ヒットとなったのです。

そうしたこともありベンツCクラスの販売は順調に推移し、2007年には3代目にモデルチェンジしました。

現行タイプのベンツCクラスは、よりスポーティな外観デザインになっていて、素晴らしいフォルムを有しています。

コンパクトなボディの中に広い室内空間を実現しているベンツCクラスは、移動の際の体の負担も考慮して、快適性を向上させています。


ベンツCクラスは、190Eをモデルチェンジしたもので、セダン、ステーションワゴン、クーペの3タイプを用意しています。

コンパクトな作りのベンツCクラスではあるのですが、日本ではどうしても大きいサイズになってしまいます。

(続きは明日♪)
 
| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »