BMW 5シリーズは、ミドルクラスセダンでありワゴンでもある車で、1972年にデビューしました。

その後、BMW 5シリーズは、数々のモデルチェンジを経て、その間、ボディを拡大して、質感の向上に努めてきました。

そして、2010年に登場したF10系のBMW 5シリーズは、アッパーミドルクラスサルーンとして、大きな注目を集めました。

圧倒的な存在感を主張したBMW 5シリーズは、その後、環境問題にも深く取り組むようになり、輸入車セダン初のエコカー減税対象車になりました。

バリエーションは豊富で、BMW 5シリーズは、セダン、ワゴン、5ドアハッチバックなど、実に多彩で、グランツーリスモも新たに登場しています。

BMW 5シリーズは、1972年に登場していますが、中古の買取査定相場も良く、日本でも中々良い推移を示しています。

正規のBMW 5シリーズの輸入販売は、1973年から開始されていて、中古市場においても賑わいを見せています。


BMW 5シリーズは、6代目モデルが日本では2010年登場していて、セダン、ステーションワゴンが販売されています。

重量配分を車両の前後50対50に均等配分していて、BMW 5シリーズは、その設定にこだわりを持っています。

(続きは明日♪)
 
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »